精神保健福祉士の仕事 精神保健福祉士の資格と求人

精神保健福祉士の職場

精神保険福祉士の職場として、主な関連施設には
精神科医療機関や精神障害者社会復帰施設などがあります。

主に都市部に多く、人員の不足から求人が多いのも
特徴です。

受信や入院のサポートや入院中の心のケアーなど
精神障害者の社会復帰を促進することや精神疾患の再発防止など
幅広い分野のフォローを行うのが、精神福祉士の仕事です。

一般的には病院で仕事をすることが多かったのですが
最近では福祉ホームや福祉グループで精神保健福祉士の
需要が高くなってきています。

その他にも公的機関で活躍の場が多く、
保険所や授産施設、生活訓練施設、福祉ホームや
グループホームなど、精神的な支えの必要とされる
場所で活躍が期待される仕事です。

専門学校や短大などで精神保健福祉士の
資格を取る人が多いのですが、指定施設で働き、
勉強をして精神保健福祉士の資格を取る人の多くは
実習を積んだ施設で仕事をすることが多くなって
います。

もともと精神保険福祉士は精神ソーシャルワーカーに
なるための資格でしたが、最近では精神保険福祉士が
職業として一般化されてきました。

精神障害者の援助と相談先として重要視される
精神保健福祉士は、ストレスの多い現代において、
様々な場所で活躍が期待される仕事です。
posted by 精神保健福祉士 at 21:53 | 精神保健福祉士の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神保健福祉士の資格と仕事

精神保健福祉士の資格は1997年に作られた精神保健福祉法に
準拠する資格です。

主に精神に障害のある方の医療に関わったり
その社会復帰を推進をする施設などで精神障害者の援助を
行うことを主たる業務とする仕事です。

精神保健福祉士は介護系の資格ではありますが精神医学や精神科
リハビリテーション学、心理学や地域福祉論といった
実に幅広い分野の知識が必要になります。

また、精神保健福祉士になるためには単に勉強しただけでは
なく専門の知識が得られる大学にいくか、実務を経験する事が
必要になります。
posted by 精神保健福祉士 at 20:43 | 精神保健福祉士の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。